このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの周りにこんなにも多く存在しているOPPの袋

OPP袋は毎日の生活に密接に関係している

袋といって思い浮かぶものはなんでしょうか?材質で考えると、紙袋、麻袋、布袋、ビニール袋、ポリ袋などいくつもの袋が出てきます。ドンゴロス袋などというものもありますね。また、用途で考えた場合には、手提げ袋、買い物袋、お稽古袋、上履き袋、レジ袋、食品保存袋、ごみ袋、乗り物酔いのあの袋など、こちらも多数の袋があります。


身の回りを見てもOPP利用は多い

 

ところで、身の回りにある袋の多くにOPPが使われていることをご存知でしょうか?そんな名前は聞いたことがないし、めったに使うこともないのではと思うかも知れません。しかし、OPPは生活のあらゆる場面で活用されている素材であり、袋の材料としても多く使われているのです。


たとえば、きょう買い物に行ったスーパーマーケットで食材が入っていた袋、それがOPP袋かも知れません。また、宅配業者が配達してくれたメール便の袋、それもOPPかも知れないのです。普段の生活では、いちいちそんなことを気にしていないから知らない、わからないだけだといえるでしょう。


使い勝手が良く広く利用されているOPP

 

まず、OPP袋の主原料であるOPPとは何かをご説明しましょう。

OPP= Oriented Polypropylene

日本語では、二軸延伸ポリプロピレンと名づけられています。


二軸とはX軸Y軸で考えるとわかりやすいですが、簡単にいえば縦と横のことです。この二方向に延伸、つまりのばしたポリプロピレンなのです。すでに両方向に引っ張っているのでピンとテンションがかかった状態となっており、その分だけ強度が出ている材質です。


袋の他にも各種包装フィルムとしても活用されているOPPですから、それと気付かないで使っている可能性はかなり大きいでしょう。実際にこれがOPP袋ですと差し出されれば、「なんだ、うちにもあるやつじゃないか」と気付くのではないでしょうか。こんな風にOPPが広まった要因には、袋や包装の需要が大きくなったことがあります。ひと昔前、ふた昔前には今ほどなんでも袋に入れたり包装したりはしていませんでした。また、それに伴って段々と自然環境への配慮が考えられるようになったことも深くかかわっています。

現在では、私たちの生活にかかせないものとなったOPPとOPP袋。これを機会に少し詳しくなってみることとしましょう。


関連記事:A4サイズのOPP袋

Pick-Up Topics

OPPとよく似たCPPとの比較

 

OPP袋について話す上で、CPP袋にも触れておく必要があるでしょう。CPPとは何かといえば、Cast Polypropyleneキャストポリプロピレン。日本名で無延伸ポリプロピレンです。もうお気付きのように、OPPが二軸延伸なのに対し、CPPは無延伸。つまり、のばしていないポリプロピレンなのです。

「OPPとよく似たCPPとの比較」の続きはこちら

環境問題にも対応するOPP

 

現在、スーパーマーケットに買い物に行っても、5円程度のお金を払わないとレジ袋を手に入れることが出来ないケースが多いです。これは、大量に出されるレジ袋などゴミの処分によって、地球環境が悪化するのを少しでも防ごうとする意図でレジ袋を有料化したためです。それまでは、買ったものを入れる袋が付いてくるのが当たり前でした。

「環境問題にも対応するOPP」の続きはこちら

これがOPP袋の代表的な使用例

 

OPPは知らないだけで身の回りにたくさんある袋の材料となっています。では、実際にどんな袋があるのでしょうか。代表的なOPP袋についてみてみましょう。

「これがOPP袋の代表的な使用例」の続きはこちら